CEYLON HANABI

第一弾の完成…そしてこれからも愛を込めて 慎重に 丁寧に

Ayubowan 🙂  とっても久しぶりの更新になってしまいました。

一回の記事が盛り沢山なので、頻繁に更新ができない…その分数少ない更新で、毎回伝えたいことや思ったことを全て丁寧に発信できたらと思っています。

さて、すっかりこのブログはスリランカ産スポーツウェアのプロデュースに関する内容ばかりですが…今回もです笑

実は、インスタグラムでは色々過程公開しているものの、ブログではきっかけ・問題提起・生地探しなどのお話で終わっていたので、第一弾の成果品ができた今、そのプロセスを共有させてください★

とはいえ、半年近くかかった長いプロセスなので大分割愛します。

まず、こちら と こちら の記事で問題提起したとおり、スリランカ産スポーツウェアをプロデュースすることになり、 こちら の記事では生地探しについて書きました。

そして、その後、家と工場では合計約100mずつの生地が散乱する日々でした笑。

まずは生地に名前(コード)をつけて、議論がしやすいようにfabric swatch cardsを作成し、関係者に配布します。

実際のアイテムを製作する前に、採寸やおおまかなデザインを決めて、その後、女性たちと一緒にサンプル品を作ります。

そのサンプル品をもとに、さらにデザインの修正をしたり、

「ここは糸がほつれやすい部分だから二重にしてほしい」

「ウェイストの縫い目をバンドの幅にもう少し近づけた方がいい」

「足首が少し広がっているからもっとタイトに修正した方がいい」などフィードバックをして,サンプル品を8往復くらいしました。

 

その都度、私も着心地を確認するために着て→機能性を確認するためにそのまま運動して→色落ちやホツレを確認するために何度か洗って→もう一度着て、と何度も確認しました。(インスタではもはや見飽きるくらい着用画像が…笑)

ただ、一方的に教えたりフィードバックをするだけでなく、その都度、工場のみんなで、この生地や自分達の技術では何ができるのか検討し、修正作業も楽しく行いました!

(どうしても締め切りとか詳細部分等は感覚が日本人とスリランカ人では合わないこともあるので、たまにきつく言うこともありますが、みんな商品を良い物にしたいという気持ちは同じなので、わかってくれています…多分。笑)

サンプル品8往復後、ようやくデザインも縫い方も満足のいくレベルに達したので、

ようやくバルク生産過程へ!

(バルク生産とは、サンプル品と同じようなアイテムを、今度は大量にインベントリ用に製作することを指しています。)

デザインも最初の頃は、腰丈のタンクと、全体が柄のレギンスだったところ、

おヘソまでの短めの丈のタンク と

左足にだけ柄をいれたレギンス

(単色と組み合わせ、つまり単色の生地も実は調達しなおし)に落ち着きました。この方が、セットにして着てもかわいい❤のと、お尻が盛りやすい笑。(トレーニーとしては、大事でしょ?笑。私にとっては、一番大事)

さて、その後、アパレル初心者な私は、

レギンスとトップスそれぞれ何着作り、サイズの配分はどうしよう

と非常に悩みました。

そこで、日本のルル●モンで働いている友人にサイズの売れ筋を聞いたり、スタートアップでスポーツウェアを手がけている海外の会社にメールを出して最初の在庫数を聞いたり、様々な人の助けを得ました。

本当にありがとうございます!!

しかも、皆様、超長文メールでがっつり詳細で返してくれたり、意見やアドバイスをくれたり…感謝の気持ちでいっぱいです!

と、在庫数やサイズ配分が大まかに決まったところで、

価格問題もでてくるので、固定費・変動費などなど全て落とし込んだ想定表をエクセルで作成しました。

一社目の業務の一環で、細かく複雑なエクセルで数字を(いやいやながら)扱っていたことがようやく活かされた…笑。当時のいわゆる計推・落着シートです笑(わかる人にはわかる)ここの時期は常にカタカタカタカタ、エクセルとリサーチの日々。

…ちょっと長くなってきたのでいっきに割愛しますね(笑)!

で、色々経て、

ようやく

第一弾のバルク生産が完成しました!(@7月頭)

今回は、3つの柄で、それぞれタンクとレギンス。SML展開です。

実はブランド名も決まっていて、ロゴもデザイナーの親友に作ってもらい(ありがとう!)、ラベルが商品にもうついてるのでが、ローンチまでブランド名もロゴも伏せたいので、重なってる写真で恐縮ですが、こんなかんじです!

 

みんな、安心感と、嬉しさと、達成感。

ここで、合計46品が完了。まったく同じものを、もう32品、8月頭に完成予定です。

ここまでくるのに数え切れないくらい多くの問題に直面したことや、常に自分が指示しないといけない緊張感や責任感で、慌ただしい毎日でしたが、ようやくほっと一息つき、いっきに感動の気持ちがこみあげました。とはいえ、これはまだ序盤なので、引き続き頑張っていきます

その後、8-9月は,次の3つの柄で同じことを繰り返します(スワッチカードを作り,サンプルを作り,確認をし,生産をしetc)

 

2回目になるので、もう少し早く進むと思っていますが、

初心を忘れず常に愛を込めて、慎重に丁寧にみんなで進めていこうと思います。

 

予定では、来年の夏に一斉にe-commerceとして日本向けにローンチする予定です。

その際は、12柄提供できる予定です。

気長に、楽しみに待っててください★

 

そして、ここには書き切れないくらい、常に沢山の友人にも助けてもらっています。

マーケティングの相談とか、ウェブサイトの相談とか、shopify社員の友人に相談のってもらったり、いつかは前職の物件で催事をやりたいのでその相談とか(気が早い)、日本一時帰国した際の写真撮影の協力とか、インスタでウェアについてコメントくれたりアドバイスくれたり等。

本当に、日々、周囲には感謝の気持ちでいっぱいです。今回このプロジェクトを開始して、いかに自分が周囲に恵まれているかということを今まで以上に感じています。

これからも、力を貸していただくことが多いかと思いますが、どうぞよろしくお願いします!

まだローンチしていないのに、催事とかスポーツイベントとかタイアップとか色々アイデアが炸裂しているので、ローンチ後は楽しいことがバシバシ提供できそう!できるように今から頑張ります。

最後に。

このプロジェクトについては、インスタでは #yunaproject2018 で過程共有しています。

Storyでも以下のアイコンのところに全ておさめているので、気になった方は、そちらもどうぞご覧ください!

   

4 thoughts on “第一弾の完成…そしてこれからも愛を込めて 慎重に 丁寧に

  1. セイロンの空から

    日本の空へ
    まだ見ぬ地の空へ
    たくさんのたくさんの
    美しい花火
    を打ち上げて下さい

    楽しみにして待っています!

  2. こんにちは!yunaprojectレギンスはhikkaduwaまたはgalleで販売されていますか?
    いまhikkaduwaに滞在していますので教えてください!

    1. コメントありがとうございます。発見していただき,さらには興味お持ちいただきありがとうございます。うれしいです。yunaprojectは,まだ準備過程を紹介するにとどまっており,ブランドとしての正式なローンチはこの夏~秋を予定しています。なので,現段階ではどこにも販売はしていませんが,ローンチ後も,販売先は日本国内になります。製作をスリランカで手掛け,送り先は日本になりますので,もし日本にお戻りの機会がありましたら是非お願いします!(もしくは日本のご住所へ。それか,ローンチ後にメールをいただけましたら,私が代理購入し,スリランカでお渡しできるようにする等。)ヒッカドゥワに滞在されてるのですね^^つい先日も訪問しました♪うらやましいです♪

Ukaco にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。