CEYLON HANABI

女子×女子=無限♡

Ayubowan ☀
今回は、最近、個人的に取り組んでいる企画について書きます。
以下、前置きも長い記事ですが、この企画内容については今後も書き続けることが多くなるので、眠れない夜にでもどうぞ・・・ 🙂 ♡

突然ですが、私は、大学院時代は、途上国の女性雇用問題について研究していました。
自分がフェミニストだとは言いたくないですが(なぜなら、フェミニストという単語は、第一波・第二波・第三波で定義もまちまちなので)、ジェンダーについてはずっと関心をもっています。書き出したらキリがないので割愛しますが,要は女性のエンパワーメントをかなりサポートしています ♀♡

スリランカに越してから、女性のエンパワーメントにつながる(と、いいな)活動を、企画して、開始し、楽しみながら絶賛奮闘中です。

現職の任期満了後、今回の活動は法人化して、これ一本でやっていきたいと思っているくらい、大分慎重に進めています。このブログでは、その過程をリアルタイムで紹介していきたいと思います。

将来同じようなビジネス展開をする方に対しても、私のトライ&エラーが参考になればと思います。
実際に本件をオフィシャルに公開した際、唐突感を狙いたかったので、伏せておくことも考えましたが、
このブログにアクセスしてくれるような身近な方には、過程も知っていただけたらとても嬉しいな!という想いから可能な範囲で公開してくことにしました。
(また、ローンチ前なので、真似されるリスクも重々承知してますが、自分だからこそできる内容にしているので、その心配はないかなと思っています!)

と、もったいぶりましたが、私は何を企画しているのでしょう★
スリランカ女性だけではなく、日本人女性も含む、二国間における女性の支援につながる活動です。

ヒント:スリランカ&日本の女性×フィットネス

社会問題1:途上国における女性の雇用率はまだまだ低いです(途上国に限らず、先進国だってまだ問題はありますが)。また、働いていても正当な対価を受け取っていなかったり、職内容によっては国の雇用率データに組み込まれていなかったり。社会や周囲から「結婚したら家に入る」ことが期待されていたり。しかし、スリランカにも、スキルやモチベやパッションのある女性はたくさんいるんです!そんなやる気に満ちあふれる女性たちのスキルを、もっともっとアウトプットできる機会を増やしていきたいです。

社会問題2:日本は、女性(特に若い子)に対して「細い方が綺麗」「痩せている方がベター」といった間違った「美」に関する価値観が定着しています。多くの女性が無理なダイエットをしたり、苦しみながら運動をしたり。私もその1人でした。数年前、私は今より15キロくらい体重が少なく、炭水化物を極力避け(絶対だめですよ笑)、とにかく痩せたくて眉間にシワよせて有酸素ばかりしてました。確かに、当時の方がモテてたかもなー笑(若さか?)けど、今の自分は、心も体も食事も健康で、笑顔で趣味としてワークアウトを楽しんでいますし、今の自分の方が大好きです。自分自身を受け入れてますし、前向きです。でもまだ、日本の多くの女性は(私の周りにも)、とにかく1つの「美」の形を追い求め、自分を受け入れずにいる子がたくさんいます。日本人に対して、もっと「美」は多様性に富んでいるものだとわかってもらいたいです!そして、自分を好きになってほしい。日本女子はself love度が低めです。セルフィーが良しとされてきた昨今はまだしも、昔はセルフィーなんて公の場でとってたら失笑されていた時代もありましたよね。いいじゃん、自分大好きでも笑。

というわけで。
(前置き長すぎ)

スリランカ女性に、裁縫やデザインのスキルを活かしてもらい、フィットネスウェアを作ってもらい、
日本人女性にむけて、self loveのメッセージ性を込めて、そのウェアを提供していければと思います。
(あ、今は現職があるので,もちろんお金は稼ぎません。相当慎重且つ念入りに進めているので、準備が終わるころに現職の任期満了です笑)

それも、ただの布ではなく、使わなくなったスリランカの民族衣装の解体や、スリランカで生産された独特の柄の生地を利用して、ユニークでローカルなものを。

なぜ、一般的なアパレルではなく、あえてフィットネスウェアなのか。(生地や技術的には、こっちのが難易度は高いのは事実。。。今,苦戦中です!)
もちろん私自身がフィットネスマニアなので、需要をそれなりに把握できる。
というのと、「フィットネスは痩せるためにするのではなく、笑顔で楽しみながらするもの」ということを主張したいからです。また、ゴツめの体型でも、背が小さくても、色黒でも、色々な「美」の形があるというメッセージを、ウェアを通して伝えていきたいです。
もっと健康的なフィットネス人口を、日本に広めていきたいです。

そのメッセージ性に同意して、このウェアをきてくださることが,スリランカ女性の雇用にもつながります。
ウェアが主たる商品のようですが、実際は「self loveのプロモーション」と「雇用拡大」といった付加価値がメインの交換物になります。スリランカから日本に提供する際は、実際にスリランカ女性から手書きのself love に関するラブレターも添えたいと思います。

スリランカにいる女性と日本にいる女性。
会ったことがなくても、お互いがこのウェアを介して,エンパワーしあう、そんなシナジー効果を発揮できるブランドを作りたいと、真剣に思っています。

長くなりましたが。
次回はこのブランド(名前はローンチまで秘密です♡)の生地探しのトライアンドエラーを紹介したいと思います。
実際に生地の写真等も載せていきますので、ご意見等もいつでもWelcomeです!

では、また。

次回から、もっと短く書けるようにします笑

追伸:今回は「女子」という単語を百回くらい書きましたが、男性にこそサポートしていただくことにも意味があると思っています。

ようやく出逢えたデザイナーさんと打ち合わせ
可愛いですが、何がだめだったでしょー?

3 thoughts on “女子×女子=無限♡

  1. ブログにもお邪魔します☺︎私もフィッネスが大好きです❤︎背が低いのに周りの女の子に比べると筋肉量いです。だからよく何目指してるの?って言われてます。やめようかなと思った事もあるけど、自分に自信を持てるようになってきたからこそ続けてます♩yunaさんの作ったウェア是非着てトレーニングしたいです♡

    1. sakiさん!ブログ閲覧及びコメントありがとうございます。”何目指してるの?”わたしもよくいわれます。ほっといてくれよって感じですよね。大体、無言でメスゴリラの画像見せます笑 ウェア、おそらく販売自体は冬頃もしくは来年かもですが、今月からじょじょにサンプル商品公開してくので是非ご意見インスタの方でも気軽にください♡公開販売始めたら是非フォロワー割引させてください! 🙂

      1. お返事ありがとうございます😊まさにそれ!ほっといて!笑 いつもそう思ってます♩インスタもフォローして、たま〜にコメントさせて貰ってます❤︎サンプル商品楽しみにしてます!そして応援してます😋😍

yunamaekawa にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。